脱毛して皮膚ガンなどの心配はありませんか?│鼻下脱毛調査隊

エステやクリニックなどで行われている脱毛処理は少なからず肌に対して悪影響があります。

例えばそれは痛みとして感じたりまたこうした脱毛方法は特殊な光線を色素に反応させるために色素の濃い部分、日焼けやシミ、ホクロのといった色素沈着が起こっている部分に対して過度に反応し火傷などの症状を伴うことさえあります。

また紫外線を浴びることによって皮膚ガンの原因となるということが言われていますが同様に特殊な光線を用いたフラッシュ脱毛ないし医療レーザー脱毛を受けた場合に皮膚ガンの原因となってしまうのでは?と心配に感じている方も多いのではないでしょうか。

光には波長というものがあり身体にとって悪影響となる紫外線は波長の短い光となっています。一方、医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛に用いられている光線は波長の長いいわゆる赤外線に近いものであるために身体にとって皮膚ガンといった悪影響はないものの細胞を焼くほどの出力が出ているためにその出力の高さから肌に対して悪影響が起こってしまうというわけです。

しかし先でも述べたような色素の濃い部分に対して照射してしまった場合にはホクロやシミなどが皮膚ガンになってしまうリスクがあるためにこうした部分の脱毛はできないことになっています。